2021年4月14日【WeChat公式】より:
広東省在住の外国籍住民へ新型コロナウイルスワクチン接種開始のお知らせ

 

2021年4月9日、広東省政府から、広東省在住の外国籍の住民においても新型コロナウイルスワクチンの接種対象となることが発表されました。

概要

    • ワクチンは中国製の不活化ワクチンで、合計2回の接種が必要。
    • 接種料金については、広東省の社会保障医療保険に加入している場合は無料。広東省の社会保障医療保険に加入していない場合は、100元/回。
    • 予約は、WeChatミニプログラム「粤健通」で予約可能。

 

手順

① 下記QRコードをスキャンし、「粤健通」へアクセス。

 

② 接種者の個人情報を登録。

 

③ 接種所在地を選択して予約完了。

 

※注意事項

2021年4月14日現在、東莞市のみシステム上予約可能であり、接種対象病院は限定されており、且つ予約満員状態となっています。恐らく政策が公布されたばかりなので、正常に普及されるまで、まだ時間がかかることが考えられます。なお、予約ミニプログラムは随時更新されていますので、接種希望の方は、定期的にご確認いただければと思います。

 

  • 予約後、接種する際には、個人身分証明書(パスポート等)と有効な居留書類を接種現場に提出する必要があります。
  • 接種前に、事情了承・同意書及び免責承諾書等の各書類に署名する必要があります。

 

【参照リンク】

広東省発表原文

.

以上につきまして、ご不明点、疑問点などございましたら、お気軽にAOBAまでご連絡ください。

.

 ……ご質問・ご相談はお気軽にAOBAまで……

免責事項

本文は国際的、業界の通例準則に従って、AobaConsultingは合法チャネルを通じて情報を得ておりますが、すべての記述内容に対して正確性と完全性を保証するものではありません。参考としてご使用いただき、またその責任に関しましても弊社は負いかねますことご了承ください。

文章内容(図、写真を含む)のリソースはインターネットサイトとなっており、その版権につきましては原作者に帰属致します。もし権利を侵害するようなことがございました際は、弊社までお知らせくださいますようお願いいたします。

Comments are closed.