2021年1月22日発行 【大湾区情報レター Vol.3】より
大湾区青年就業スキーム受付始まる

「大湾区情報レター」では、今後、日系企業の皆様に有用と考えられる最新情報をピックアップしお届けしていきます。

大湾区青年就業スキーム受付始まる

香港の若者が大湾区の各都市で働き、キャリアを積むことを奨励・支援するために、2020年11月、キャリー・ラム行政長官による「2020年施政報告演説」にて、「大湾区青年就業スキーム」のスタートが発表されました。これは、香港及び中国国内の大湾区で事業を展開する企業に、香港の大学・高等教育機関の卒業生を、大湾区の各都市での就業を奨励するスキームとなっています。募集件数は2,000ポジションまでとなっており、そのうち約700ポジションがイノベーションやテクノロジー人材向けに限定されています。

対象及び内容

当スキームは2021年1月8日に正式にスタートしました。2019年から2021年までに香港または香港外の大学・高等教育機関で学士号以上の学位を取得し、香港で合法的に雇用可能な香港居住者が人材の対象になっています。

参加企業は、香港の法令に基づき、対象となる既卒または卒業見込者を香港にて月給HK$18,000以上で雇用し、大湾区の中国内各都市に派遣、現地で業務及びOJTを行うことが必要になります。企業からの申請を受け、香港政府の承認の上、当スキームのもと雇用された従業員1人当たり月額HK$10,000、最長18ヶ月間の手当が採用した企業に対し支給されます。

.

 【参照元リンク】

・大湾区青年就業スキーム(GBAYES)ホームページ

.

.

*本記事が記載されている大湾区情報レターは、以下のボタンをクリックするとダウンロードしていただけます。

.

.

本記事の目的:

本記事は、主に中国へ進出されている、またはこれから中国進出を検討されている日系企業の皆様を対象に、中国国内での経営活動や今後の中国ビジネスに重大な影響を及ぼしうるような国家・地方レベルの最新の法律法規と関連政策の主な内容とその影響、日系企業をはじめとする外資系企業の取るべき主な対策などを紹介することを目的として作成されています。

免責事項:

  1. 本資料はあくまでも参考用として作成されたものであり、法律や財務、税務などに関する詳細な説明事項や提案ではありません。
  2. 青葉コンサルティンググループ及びその傘下の関連会社は、本報告書における法律、法規及び関連政策の変化について追跡報告の義務を有するものではありません。
  3. 法律法規の解釈や特定政策の実務応用及びその影響は、それぞれのケースやその置かれている状況により大きく異なるため、お客様各社の状況に応じたアドバイスは、各種の有償業務にて承っております。

※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Comments are closed.