2020年7月11日 大湾区個人所得税優遇政策申請開始【WeChat公式】

 粤港澳大湾区(グレーターベーエリア)のより良い建設サポートのため、2019年1月1日から2023年12月31日まで、珠江デルタの9都市で勤務する国外ハイレベル人材と緊急不足人材を対象に、当該都市で納付済の個人所得税金額が課税所得額の15%を超過した部分に対し、財政補助金が与えられる、という政策が始まりました。つまり収入が高い方ほど、享受できる補助金が多くなります。ぜひ皆様ご自身の収入、申請資格をチェックをしてみて下さい。また、当財政補助金に対して、個人所得税は徴収されません。

※珠江デルタの9都市とは、広州、深セン、東莞、中山、珠海、恵州、江門、仏山及び肇慶。


申請の有資格者条件:

同時に下記1)と2)の条件を満たす者

1)香港、マカオ永久住民、香港入境計画(優秀人材、専門家、企業家)を取得した香港住民、台湾地区住民、外国国籍者または国外長期居住権を取得した留学帰国人材と海外華僑とし、珠江デルタの9都市で勤務し、法に従い納税しいている者。

2)各都市の申請有資格者(みなさまに関連する可能性が高い条件のみ抜粋)

深セン市・佛山市・肇慶市・中山市・珠海市:外国人就業許可証A類、B類の保持者

広州市・恵州市:外国人就業許可証A類の保持者 或いは 部長以上の管理層

東莞市・江門市:外国人就業許可証A類の保持者 或いは 緊急不足人材リストに該当する者

※上記の申請条件の国外ハイレベル人材及び緊急不足人材の認定について、各都市の基準及びプロセスが異なりますので、個別でのご相談がお勧めです。

※補助金が最終的に取得できるか否かは、科技局と人社局の審査によります。

※出典:《财政部 税务总局关于粤港澳大湾区个人所得税优惠政策的通知》(财税【2019】31号)、《关于贯彻落实粤港澳大湾区个人所得税优惠政策的通知》(粤财税【2019】2号)

弊社に代行をご依頼いただいた場合の費用:

社会保険を除いた後の年収が、

🔳 RMB42万未満の場合、申請代行費用としてRMB2,000を前請求させていただきます。

🔳 RMB42万以上の場合、申請代行費用として回収した補助金の20%を頂戴いたし、うちRMB2,000は前請求となります。

※RMB2,000の費用につきましては、申請の成功可否に関わらず、頂戴する費用となっております。

 弊社青葉グループは、上記の補助金に関する申請サポートサービスを提供しております。より詳しい情報提供、相談が必要な際は、いつでも下記までご連絡ください。

また中国ビジネスにおいて各種お困りなことがございました。お気軽にお問合せください。

免責事項

本文は国際的、業界の通例準則に従って、Aoba Consultingは合法チャネルを通じて情報を得ておりますが、すべての記述内容に対して正確性と完全性を保証するものではありません。参考としてご使用いただき、またその責任に関しましても弊社は負いかねますことご了承ください。

文章内容(図、写真を含む)のリソースはインターネットサイトとなっており、その版権につきましては原作者に帰属致します。もし権利を侵害するようなことがございました際は、弊社までお知らせくださいますようお願いいたします。

 

Comments are closed.